« おはじめ | Main | 鍼 初体験 »

12/16/2003

レミングの集団自殺はウソ

2002/11/21 都市伝説、もしくは迷信    『現代奇談』より

 北欧や北米に生息するネズミ科の小動物、レミング(lemming)は集団自殺を行うことで知られている。レミングは増殖し、餌を確保できないほどに数が増えすぎると突如集団で海岸まで移動し、次々と海へ飛び込んで自殺をする。これは一般には個体数を調整するために本能が取らせる行動であると説明される。群の個体数を調整することで餌の確保を図り、少数の犠牲によって集団を生きながらえさせるわけだ。

 ところが、実はこの話は「白い荒野(1958年)」というディズニー製作のドキュメンタリー映画をきっかけに広まった、まったくのウソなのである。増殖しすぎたレミングが集団で移動を始めるのは本当だが、これは新たな餌場を探すためであり、死に場所を求めてのことではない。この餌場を探す旅の最中に、たまたま不運なレミングが押し出されて崖から落ちたり、小川と間違えて海に飛び込んだりしているだけなのだ。

 なお、ディズニーは「白い荒野」において意図的にレミングを“集団自殺”に追い込んだ疑惑があり、動物愛護団体より抗議を受けている。


■レミングの群れが集団で海に飛び込むシーンを子供の頃見た覚えがあります。集団自殺の話をまったくその通りに信じていたので、それがウソだと知って正直ショックです。
■でも、狂気じみた行動の濡れ衣を着せられ、いわれなき悪名が高かったレミングにとっては名誉回復になるわけだ。
■豊田有恒の小説にずばり、「レミングの群」という短編があります。公害を垂れ流す悪徳巨大企業がレミングの群れの集団自殺のごとく、ある日突然自ら滅びて行くという話だったと記憶しています。ネタバレしちゃうと悪徳企業社員同士が互いを殺し合って会社が滅びるっていうホラー系の結構エグい話です。
■しかしディズニーさん、映画のためにレミングを殺しまくったとは・・・。昔はおおらかだったんですねぇ。
そういえば日本でもムツゴロウの映画「子猫物語」で、子猫が川に流されるシーンをはじめ、ロケ中にかなりの数の子猫の命が失われたとネットで読みましたが、それって都市伝説かな。

|

« おはじめ | Main | 鍼 初体験 »

Comments

防衛医科大学校の入試に出てきました!!レミング知ってて良かった~!!

Posted by: ドクター希望 | 11/06/2004 06:09 PM

英語ですよね。出てきましたねえ。僕も知ってて良かったです。
友達が結構間違ってたんで。
結局落ちましたけど(^^;

Posted by: gokipo | 12/12/2004 01:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« おはじめ | Main | 鍼 初体験 »