« マンボウ2匹水揚げ | Main | 大阪ぬえ塚 »

05/04/2004

芦屋ぬえ塚

20年くらい前の角川映画、「悪霊島」の宣伝コピーで「鵺の鳴く夜は恐ろしい……」というのがあった。

日本には鵺(ぬえ)という想像上の妖獣がいる。
頭がサル、胴体がタヌキ、手足がトラ、尻尾がヘビ、というキメラのような存在である。
その鵺が葬られているという「鵺塚」が全国各地にある。

これは、兵庫県芦屋市のもの。

場所は芦屋川沿いを海の方に下がって行ったところ。鵺塚橋のたもとの交番のすぐ裏にある。まわりは公園になっている。車が多く行き交うが、人通りはあまり多くない。
木陰にひっそりとたたずむ石碑は少し見つけにくく、鵺が人目にさらされるのを嫌っているように思えた。

夜な夜な京の都を騒がした鵺が射殺され、丸木船に乗せられて川に流され、大阪に流れ着き、さらに流され最終的に芦屋の浜に打ち上げられたとの伝説が残っている。その異形の亡骸を畏れた村民達によって懇ろに葬られたのが芦屋の鵺塚ということになっている。
以下、鵺塚のそばに立っている看板の解説。

ぬえ塚の伝説
およそ800年ものむかし源頼政が二条院にまねかれ深夜に宮殿をさわがしていた怪鳥をみごとに射落とした。それはぬえ(鵺)といって頭はサル体はタヌキ手足はトラ尾はヘビという奇妙な化鳥であった。その死がいをウツボ舟(丸木舟)にのせて桂川に流したところ遠く大阪湾へ流され芦屋の浜辺に漂着いた。浦人たちは恐れおどろき芦屋川のほとりに葬りりっぱな墓をつくったという。ぬえ塚伝説は摂陽群談・摂津名所図絵などに記されているが古墳にまつわる伝説の一つと思われる。現在の碑は後世につくったものである。
昭和48年2月  芦屋市教育委員会

|

« マンボウ2匹水揚げ | Main | 大阪ぬえ塚 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 芦屋ぬえ塚:

« マンボウ2匹水揚げ | Main | 大阪ぬえ塚 »