« マイクロソフトのコードにバグはない | Main | 恐怖のファーストフード »

06/03/2004

東京でびっくりした食べ物

東京でびっくりした食べ物

情報元:じっぷろぐ

上京して初めて浅草の「藪そば」でざるそばを食べた時、つゆのあまりのしょっぱさにびっくりした。あとで聞くと、たぐった蕎麦のおしりの所だけちょこっとつゆにつけて食べるものらしい。そんなこと知らないものだから、つゆに蕎麦を全部どっぷり沈めてから食べていたのだ。その時は東京の人はよくもまあこんなものを食べられるもんだと不思議に思った。そんなのを無粋とか田舎者とか言うわけだが。

そのそばつゆの濃さが、地方出身者が東京でびっくりした食べ物ランキングの第一位に輝いたそうだ。個人的にもまったくその通りだと思う。

以下、いろいろ並んでいるが、たしかに、もんじゃ焼きとちくわぶにも驚いたのを覚えている。しかし最近は、関西でももんじゃ焼き屋があるし、ちくわぶもスーパーで売っているので珍しくなくなりつつある。

ランキングにはないが、東京ではじめて口にしたものに「やきとん」がある。かしら、なんこつ、はつ、レバ、シロなど串に刺して焼いたものに塩かタレをつけて食べるものだが、鶏ではなく、すべて豚。
学生時代に三鷹のやきとん屋で3年間バイトしていたので、今も思い入れはひとしおだ。

しかし、やきとんは関西ではまったくといってよいほど見ない。関東出身のやきとん好きの友人が、神戸に2軒あるのを確認している。1軒はすでに行ってみた。もう1軒にも今夜連れて行ってもらうことになっている。

やきとんは、なんといってもシロタレがいちばん好きである。

|

« マイクロソフトのコードにバグはない | Main | 恐怖のファーストフード »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6018/703105

Listed below are links to weblogs that reference 東京でびっくりした食べ物:

« マイクロソフトのコードにバグはない | Main | 恐怖のファーストフード »