« 『犬は人が好き。』展 | Main | 理容師vs美容師 »

07/01/2004

意味のないフレーズ

耳触りがよく、なんとなく意味がありそうだが、実際にはあまり意味のない、もしくは別の真意がこめられているフレーズを探しています。

「善処します」:たいていあまり意味がない。

「検討します」:同じくあまり意味はない。

「モノより思い出」:某国産車のCMキャプション。思い出が大事だという主張はわかるが、なぜそのために車が必要なのか?

「にんげんだもの」:人間だからどうなのか結論はまったく不明。というよりは、なんでも自分の好きな結論をつけて、それを自ら納得しやすくするためのフレーズなのでは。または、自分の至らなさを棚に上げ、相手を自分の目線まで引き下ろして許しを請うたり、開き直る時にも効果的。

「何事も勉強だ」:何事も、と言うが、他にいったい何があてはまるのかはまったく問題とされない。対象をあらゆることに広げることによって相手の論点を相対的に矮小化し、本人が気の進まないことをソフトに強要する時に使われることが多い。

「手作り」:機械を使っても手作りとはこれ如何に。手をいっさい使わず足だけで作った「足作り」があったらそっちの方がよっぽど価値があると思う。

「お客様第一」:そんなこと本当に実行したら客商売は成り立たない。

「本作り」:その「本」とはいったいなんなんだ?意味のなさでは群を抜いていると思う。


他にもあったら教えてください。

|

« 『犬は人が好き。』展 | Main | 理容師vs美容師 »

Comments

「一流メーカー品」:最近は減りましたが、昔は、ノーブランド品によくこの台詞がついてました。
「おとなしくて良い子だったのですが...」:学校系事故で必ず校長が出すコメント(バリエーション多数)。私の人生においては、校長先生と性格まで分かるようなリンクを持ったためしは一度も無い。世間一般は違うのかな?

Posted by: Yamane-D | 07/05/2004 01:01 PM

Yamane-Dさん、コメントありがとうございます。

「おとなしくて良い子だった」って、たしかにニュースのインタビューでよく聞く言葉ですね。答えている先生は本当のところ、その生徒のことをよく知らないんだけど、テレビの前で「知らない」とも言えないので、当たり障りのない(つまりあまり意味のない)コメントをするんでしょうねぇ。

犯人の近所の人のインタビューで「あんなにおとなしくて真面目な人が、まさか・・・」ってのもよく聞きます。おとなしく見えたのはほとんど話したことがないからなのではないでしょうか。これもあまりその人のことを知らないから出てくるコメントなのでしょう。

知らないのなら知らないと答えればいいのに、無理矢理答えようとするから妙に意味のない受け答えをしてしまうんではないかと思いました。

Posted by: 渉雲堂 | 07/05/2004 11:18 PM

困った時のベタ事典にたくさん出てますよ

Posted by: 院主です | 07/12/2004 10:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 意味のないフレーズ:

« 『犬は人が好き。』展 | Main | 理容師vs美容師 »