« はつもみじ | Main | 変質者の見分け方 »

09/21/2005

鐘つき

鍼灸師、院主先生のブログ雑想雑思で、治療に必要不可欠な鍼を刺す技術を向上させるために、いろいろな訓練を試みる話があった。

最近はサボっているが、一時はよく左に箸を持ち替えてご飯を食べていた。左右がより自由に使えるようにするためである。マッサージなどの手技療法では、左右同じように使っているつもりだが、実際は微妙に違いがあるだろう。どちらの手でも鍼が打てるくらいでちょうどだと師匠に言われた。

本文を読むと、院主先生は利き手でない左手を開発するために始めたはずの和太鼓が気に入り、すっかり病、膏肓に入ってしまい、いまでは鍼の訓練はどうでもよくなったご様子。

利き手の反対側の手を開発するわけではないが、似た話で面白いなぁと思うのがお寺の鐘つき。

鐘はうまくつかないといい音が出ない。何度かつくうちに、鍼を打つ動作と似たところがあるのに気づいた。
ちょっとしたことだが、つく前に、撞木を触れない程度にちょっと鐘へ寄せて、そこから後ろへスイングを開始すると、スムーズに動ける。

院主先生のブログに、鍼を打つ時の両手の役割分担について

身体に鍼を打つ時は、利き手で鍼の柄を持ち、反対の手の指を皮膚に密着させておこなう。上にある手を刺し手、下にある手を押し手と呼ぶが、押し手が拙ければ刺し手をどんなに工夫してもうまくいくことはない。

と説明されているとおり、鍼を持っていない方の手、「押し手」の役割がより重要なのだが、その「押し手」に相当するのが、鐘つきではスイングの前に撞木をちょっと鐘に寄せる動作に相当するように思う。
後ろへのスイングから帰ってきて前へ撞木をぶつけるのが鍼を持っている方の手、「刺し手」ということになる。

釣り鐘には、撞木の当たるところが丸く盛り上げて加工されているが、それを人体のツボに、撞木を鍼に、と見立てれば、これも立派な鍼の修行。いい音が出れば、当然、いい治療につながる。

さいきんは鐘楼を見ると、鐘をつきたくなってしょうがない。

|

« はつもみじ | Main | 変質者の見分け方 »

Comments

渉雲堂様トラックバックありがとうございます。

なるほど鐘つきとは、ちょっと抹香くさいところが鍼灸に近しくていいですね。
「うん?あの音は珍念か。心に迷いが生じておるな」なんていう、ベタなドラマの1シーンが目に浮かびますが、大事なのはスターティングポジションだということですな。私も鐘をつきたくなって来ました。

Posted by: 院主です | 09/21/2005 07:42 AM

鐘をつくのが上手いわけではありませんが、それでも、誰かがヘタクソに打ったのを聞くと、胸苦しくなります。

いちど、鐘つき名人の鐘の音をライブで聞いてみたいものです。

Posted by: 渉雲堂 | 09/21/2005 11:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鐘つき:

« はつもみじ | Main | 変質者の見分け方 »