« プロ野球開幕 | Main | ミカン風呂 »

12/29/2006

豚足で食養生

私は鍼灸師だが、この仕事をしていると「食養生」は避けて通れない。医食同源とか言われる、あれである。

冬の食養生に欠かせない食材に豚肉がある。豚肉は身体に潤いを与えてしっとりさせてくれる。乾燥した冬の気候にたいへんよい。

とくに豚の脂は「紫雲膏」という漢方薬の軟膏に使われるくらいで、お肌がカサカサになったときにとても効果がある。

しかし、「脂を摂るのはどうも気が進まない」という人が多いので、よくお勧めするのがコラーゲン(タンパク質)豊富でヘルシーな豚足。

ところが、「あのいかにも豚の足という形がグロテスクで嫌」という人も多い。
そこで、じゃあ、これは?とお勧めするのが煮豚足。
グツグツ煮込んであるのでバラバラに崩れており、もはや足の原型はとどめていないし、柔らかくて食べやすい。

ただ、豚足を買ってきて家で煮込んで料理するのはハードルが高いと感じる人が多いので、けっきょく、食べに行ってください、っていうことになっちゃう。

そんなときお勧めするのが「丸玉食堂」という庶民的な台湾料理屋さん。場所は神戸のJR元町駅高架下。私自身もここの豚足の大ファンでよく食べに行く。600円でひとりで食べるにはかなり多い量が出てくる。ほかにもうまい料理多数。

この記事はアフィリエートでもなんでもないが、患者さんに何度も説明するので、手間をはぶくためにエントリー。


以下の画像は、丸玉食堂の正面と、豚足一人前。「あし」と言ってオーダーするのが通みたい。
丸玉食堂豚足

|

« プロ野球開幕 | Main | ミカン風呂 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 豚足で食養生:

« プロ野球開幕 | Main | ミカン風呂 »