« ミカン風呂 | Main

01/21/2007

きをいつにする

「軌を一にする」という言い回しは知っていたが、同じ意味で「揆を一にする」というのもある。
不勉強にして知らなかった。

「軌」とはわだちの意。わだちとは車輪の通った跡のこと。先に通った車がつけたわだちがあって、次に通る車もその同じわだちの上を通って行く、これが「軌を一にする」の字義通りの意味。
まるでそのたとえのように、後のものが先のものをそのまま踏襲することを「軌を一にする」という。

また、「揆」とは方法、やり方の意なので、「揆を一にする」とは同じ方法をとるという、ひねりのないそのまんまの意味。

とまあ、以上はどうってこともないくだらない豆知識だが、それよりも気になるのは・・・。

「期を一にする」という表現をネット上でいくつもみつけた。
え?そんな慣用句があったっけ?と思って辞書を調べてみたが載っていない。
慣用句ではない、単なる一般的な用法か。

「期を一にする」ってのが、同じ時期に、っていう意味でごく普通に使われているとまでは言えないと思うんだが、
ひょっとして、「軌を一にする」とたまたま音が同じことから連想もしくは誤用され、自然に生まれた新表現なのでは……?違うか……。

|

« ミカン風呂 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference きをいつにする:

« ミカン風呂 | Main