01/31/2006

DVDドライブを自前で修理

DVDドライブがDVD-RAMを認識しなくなった。モノはLGのGSA-4120B。LG製品にはLGタイマーが仕込まれているとの冗談をネットで見かける。とうとううちのドライブでもタイマーが発動したか。

あきらめる前に何か取りうる手段はないかとネットを検索すると、あった。

2ちゃんねるのスレ「日立LG系旧型DVDドライブ総合 その36」(CD-R,DVD板)に、故障したLGのドライブがピックアップレンズのクリーニングと、可動部分のグリスアップで蘇った事例がいくつか報告されている。

で、グリスを買ってきて、試してみた。

スレで画像入りで報告している奇特な人がいたので手順がよくわかり、とても助かった。その人は"電車男"ならぬ、"グリス男"という愛称で呼ばれている。

ドライブのベゼル(フロント部分)をはずし、筐体をパカッと開けて、ピックアップレンズを移動させる動力を伝えるシャフト1本と、2本のレールの汚れを取ったあと、グリスをぬりぬりする。そして洗浄液をつけた綿棒でレンズをやさしくぬぐう。

作業は以上。あとは筐体を戻し、ベゼルをはめ込み、終わり。
手順を頭に入れてやれば長くても所要時間10分ってところか。あまり難しくなかった。

結果、うまくいった。
何事もなかったかのようにDVD-RAMを認識してくれるようになった。

調子こいて、ディスクを一切認識しなくなって勤務先でほっぽらかされていたミツミのDVDドライブにも同じことをトライ。

なんと、これも復活!すごい!こんな簡単な作業で直るとはすごすぎる。
そのドライブは現在自宅で耐久テスト中。(という名の私物化?)

さらに調子こいて、トレーの開閉が時々ひっかかってできなくなる厄介者のAOpenのDVDドライブがあるので、それもトライ!

結果、危うく全壊させるところだった。古い機種なのか、直った2つのものとは機構が全く違っていて、いじっているうちにグリスアップでは完治できないことがわかった。しかし元に戻せるかどうか微妙な状況に陥ってしまった。そーっと組み立て直し、おそるおそる電源コードをつないでみるとなんとか現状回復できたようだ。
けっきょく、どうやらシャーシの精度が低くて可動部に無用の摩擦を与えているみたい。シャーシを少し外側に広げて、ビス止めをゆる~くしたら、けっこう調子が良くなったよ。どんなんだ、まったく。

結果オーライで済んだけど、あやうくおシャカでした。あぁ、危なかった。

私の仕事は鍼灸師だが、やっぱり治療は診断が大事だよな~、と思い知った。診断して自分には無理と思ったら下手に深入りして治そうとしない方が良い。治療できる別の専門家を紹介するべき。調子に乗りすぎていい気になって治療してもロクなことはない。

今回のことは、ある特定の種類のDVDドライブのグリス不足による故障なら直せるようになった、ということにすぎない。2つ立て続けに直ったからインパクトがあったが、じつはたいしたことではないのだよ。

……と自分に言い聞かす。治療技術と修理技術とは似ているところがあるから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/10/2005

Haropy その2

Haropy、もうぼちぼち飽きてきた。

最初の日はけっこう面白い書き込みがあって純粋に楽しかった。
その後、荒し・清掃人の乱入によってわけわからなくなってきた。
荒らしがピークを過ぎたら、また面白くなってきた。

そういうムードの変化はとても興味深いと思う。
が、だんだん飽きてきたなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/07/2005

Haropy

しまった。Haropyにはまってしまった。
寝られないじゃないか、ちくしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/03/2005

RSS地獄

RSSリーダーで購読しているフィードを数えてみたら現在283。なおかつまだまだ増殖中。
主にタイトルから記事を選んで読んでいるが、それだけでも膨大な数になるので大変な作業となりつつある。

面白い記事を書く人は割合頻繁に更新するので、面白い話に出会いたかったら、ほぼ毎日チェックしないといけない。

人がみつけてくれた中から面白い話を読んだらいいじゃないか、ということではてブをチェックし始めたが、多くの人がブックマークしている話が必ずしも自分の趣味に合うとは限らないし、趣味が自分とぴったり合うブックマーク作者なんてのもいない。けっきょくローラー作戦っぽくなってきて、やっぱし体力勝負。

RSSリーダーにずらっと並んだ記事タイトルを見るとげっそりすると同時に、目の端に「あっ」と思う単語がひっかかり、記事を読んで面白かったら喜ぶし、思ったのと違ったらがっかりする。
楽しいといえばすこぶる楽しいんだが、これってやっぱり地獄かな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10/19/2005

ソーシャルブックマーク

はてなブックマークを始めたら面白くて、そちらの更新ばかりしていた。

自分のブックマークはもちろん自分用備忘録として重宝だが、それよりも人のブックマークを見ていくのが楽しい。

ソーシャルブックマークは、自分と同じような魚を狙っている漁師をみつけて、漁場を教えてもらうようなものか。ひとりで海に漕ぎ出していくより、魚が捕れる確率がかなり上がる。

自分のはこれ。渉雲堂ブックマーク

| | Comments (1) | TrackBack (0)

09/07/2005

モヒカン族 in mixi

mixiでモヒカン族コミュニティがあったら覗いてみたいと思って検索した。

すると、ひとつだけあるにはあったが、メンバー数は1人。無いに等しい。

さすが、ムラ社会の権化たるmixiだけのことはある。

当たり前とはいえ、ちょっと驚いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/16/2005

PowerMac7300復活

Power Macintosh 7300/166 という旧型Macを死蔵していて、もう何年も起動していない。なんとか現役に復権させようと、Linuxを載せることにした。

以下、自分用の備忘録。

<ハードウェア>
CPUは純正のPowerPC604e 166MHzをメルコのG3カード(HG3-PM366LC)に換装し、366MHzにパワーアップしている。

HDは、純正のSCSI HD 2GB(転送速度10MB/秒)に加え、Ultra Wide SCSIカードをPCIスロットに挿しUltra Wide SCSI HD 4GBを1台増設済み(転送速度40MB/秒)。

Mac OS9.1をUltra Wide SCSIの増設HDに載せて、そちらから起動している。

多少はチューンしたものの、今ではあまりにしょぼい構成である。
ウェブブラウザだけでも動作が重くて、ネット上ではあまり使い物にならない。

<ダウンロード>
FTPサイトからVine Linux 3.1/ppcのCDイメージをダウンロード。契約は下り速度50Mbpsなのに、最近はなぜかいつも4Mbpsあたりで頭打ちとなるため30分以上かかる。@niftyに帯域制限をかけられているのではないかと疑っている。何も悪いことしてないのに。

<インストール>
もともとついていた純正2GBのHDをフォーマットしてVine Linux 3.1/ppcをインストールする。

何回やってもインストール途中でフリーズする。7~8回に1回程度は最後までインストールできるが、ログイン画面でキーボードを認識しなくなり、ユーザ名を入力できない。

何度やっても再現するのであきらめる。

CPUアクセラレータカードが悪いかも、と思いついて、純正のPowerPC604e/166MHzに戻す。
インストール途中でフリーズすることはなくなったし、ログイン画面でもノープロブラム。

ただし、インストールに要する時間が長くなった。G3カード366MHzでは65分だったのが、604e・166MHzでは100分かかる。ま、しょうがない。

今度はちゃんとログインできるので、無事Vine Linuxが立ち上がるかと思いきや、そうは問屋がおろさなかった。
まず、いくつかのアプリが見当たらない。mozillaもない。で、やり直し。
次は、アイコンがおかしい。Homeもゴミ箱もみんな紙っぺらのアイコン。動作もなんかあやしい。で、やり直し。

<再ダウンロード>
あ、そういえばチェックサムを照合してないぞ、ダウンロードがうまくいってなかったのかも、と思い、あわててMD5チェックツールをダウンロードし、比較すると、「一致しません」。アチャ~、やってもうた、とCDイメージを再ダウンロード。今度こそはとチェックすると、またもやチェックサムが一致しないとのこと。さらに3回ダウンロードしなおしても「一致しない」と言われるので、こりゃおかしい、と思い始めた。
よく見るとダウンロードしたCDイメージファイルのMD5ハッシュ値はダウンロード元の値とは異なるが、すべて同じ。念のため、別のチェックツールをダウンロードして使ってみた。すると、MD5ハッシュ値はすべてダウンロード元と一致。
なんだ、MD5チェックツールの計算結果がウソだったんじゃないか!!激怒。こんなソフトが出回っているなんて許せん。さいしょからファイルは壊れていなかったのだった。

<at last>
CPUを純正PowerPC 604eに戻してから、都合、インストール4回目にしてやっとうまくいったような感じ。

同じ条件で同じファイルを使ったのに、なぜ毎回インストール内容が違ったのか。不思議だ。まぁこんなものなんだろう。Linuxには試練がつきまとうのだな、きっと。
とにかくおなじことばかり何回もやって、思いっくそ時間がかかったぞ。

じつはLinuxなどこれまでまったく使ったことがないので、これからシェルスクリプトの勉強などを始めるのであった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/18/2005

vSkype

Skypeをテレビ電話化するプラグイン「vSkype」,米Santa Cruz Networksが提供開始

情報元:じっぷろぐ
を見て、早速vSkypeとやらを入れてみた。
なんと、200人までのテレビ会議が可能だという。いまのところベータ版で、無料。

vSkypeプラグインを追加すると、元のSkypeのメニューの下、ウィンドウの右端に、オレンジ色に「V」と入ったアイコンが追加される。

テレビ電話したい相手をコンタクトリストから選択し、その「V」ボタンを押すと、テキストチャットのウィンドウが立ち上がり、そこに英語でテレビ電話に招待する旨のメッセージとURLが自動的に表示される。

招待された方がそのURLをクリックするとvSkypeのサイトに飛び、そこで招待を受けるかどうか聞いてくるので、ボタンを押して承認・拒否を選ぶ。招待を受ければテレビ通話が開始する、という仕組みになっている。

まずテキストチャットで招待し、いったん別サイトへ飛ぶというステップが入っているのが面倒くさいような気もするが、とりあえず、しばらく使ってみる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/13/2005

Mac OS 9は絶滅種?

アップル、インテルチップ採用でMac OS 9の終焉が秒読みか

Apple社がMacintoshのCPUをIntel製に変えることになったらしい。これはold MacでOS 9を使っているものにとっては大変なニュース。

OS XはもともとFreeBSDがベース。FreeBSDはIntelチップ上で動かされて長いこと経っている実績のあるOSなので、OS XをIntelチップ上で動かすのはさほど無理なことではないらしい。CPUが変わっても、きっとOS Xユーザにとってはほとんど見た目も変わらず、たいした問題とはならないのかも。

しかし、OS 9はIntelチップでは動かない。すでにOS 9はOSとしての開発は終了しており、ソフト的にはとっくにAppleから見捨てられた形だが、CPUが変更されることで、OS Xを載せられないold Macユーザは、とうとうハード面でもまったく違う種族になりそうだ。

手元のPowerMacintosh 7300には愛着があるので朽ちるまで使い続けるつもりだ。
しかし、OS 9はネット上ではかなり使えない代物になってしまっているので、OSはLinuxなんかを考えた方がいいのかも知れない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/09/2005

ProxomitronでRSSが通らない

サイトに仕込まれているうざいポップアップ広告や勝手に鳴り出す迷惑な音楽、見たくもないflashなどをブロックするのにProxomitronが手放せなくなってかなり経つが、RSSリーダを使い始めてから少し問題が出てきた。

RSSリーダーがRSSを取りに行く時にフィルタが邪魔してしまい、更新できないサイトがいくつかあるのだ。今は自動更新できなかったものはProxomitronを一時的に無効にしてから手動で更新している。
使っているRSSリーダーはHeadline-Reader。つい先日まで使っていたglucose2ではこの現象はまったく起きなかった。

Proxomitronのフィルタを緩めれば良いのだろうが、じつはあまりフィルタの内容を理解していないので、どこをどう緩めたら良いのか、見当がつかない。不要なものをカットしながら、欲しいものだけ通せるような知識などなく、どうも手に余る。

フィルタの設定をひとつづつ変えながら試行錯誤すればきっといつかはできるが、今はそんな根気と気力がない。

とりあえずフィルタを通さないように各サイトのRSS置き場のURLをバイパスリストに書いておくのが近道だと思う。RSSが通らないサイトは今のところ15くらいなので、まあ現実的な解決策かな。

Headline-Reader向けの適切なProxomitron用フィルタ設定の情報がないか現在探し中。


(後日注)
解決しました。
headline-Readerの場合、「ファイル」メニューの「設定」で、「接続/ブラウザ」タブを選択し、「Feed取得にWindowsの設定値を使用する(接続できない場合はOFF)」のチェックをはずせば、Proxomitronを使用していても何ら問題なく巡回可能。
じつはたいへん簡単だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)