08/19/2004

福原愛選手のかけ声(2)

昨日の「福原愛選手のかけ声」で、愛ちゃんのかけ声は「サァッ!」だと思うと書いた。

私、間違っておりました。

8/19の「報道ステーション」によると、発している声は音声学的には「ター」、愛ちゃんによると、気合いを声に出しているので何と言っているかは本人にもわからないとのことであった。

昨日の「福原愛選手のかけ声」に書いたように、むかし自分たちが使っていた「サァッ!」と愛ちゃんのかけ声は同じなのだと思ったが、そうではなかった。

よく考えれば、自分たちの「サァッ!」は、サーブを打つ前に発することが多かった。
愛ちゃんのように点を取った直後に発することはあまりなかった。

というわけで、昨日は嘘を書いておりました。

| | Comments (6) | TrackBack (5)

08/18/2004

福原愛選手のかけ声

アテネオリンピックでは珍しく卓球に日本中の関心が向いている。福原愛ちゃんが出場しているからなのだが、試合中、愛ちゃんが叫んでいるかけ声は何と言っているのか?それは何のためなのか?というようなことが話題になっているのをネット上やテレビのワイドショーなどでみかける。

あれは「サァッ!」と言っているんだと思う。

それに関しての記事は、ブログだけでも、たとえば

卓球愛ちゃん
福原愛選手のかけ声は
【アテネ五輪】福原愛の掛け声
愛ちゃんの掛け声はタァじゃないのか?
さー!
福原愛ちゃん
福原愛選手のかけ声

などなど。
愛ちゃんのかけ声に言及するブログは他にもいっぱいある。

私はかつて卓球部員だった。当時、試合中に小さく「サァッ!」と叫んで自らを鼓舞したり、悪いムードを払拭するのは誰しもが行なうごく当たり前の習慣だった。
「サァッ!」って書いたけど、厳密に言うともっと短くて「サッ!」ていう感じ。
意味は、「さぁ、がんばっていこう」とか「さぁ、気を引き締めよう」とか「さぁ、もう一点取るぞ」とか「さぁ、心機一転」とか、その場面でいろいろだが、とにかく頭についてる「さぁ」である。

goo国語辞典によれば

「さあ」
重大なことが目前に迫って心を決めるときなどに決意を発する語。

とあるが、まさにこの意味で使っていた。

愛ちゃんのかけ声も同じなのではないかと思う。

そういえば、相手がミスして自分に点が入ると「ラッキー!」と相手に聞こえるように大声で叫んでプレッシャーを与えるという技もあった。

もともと卓球はあまり黙々と行なわれるスポーツではないと思う。

しかし、試合中に何で「サァッ!」とか言うの?なんて言われるのをみると、卓球に対する日頃の世間の関心がいかに薄いかよくわかる。

| | Comments (1) | TrackBack (3)

07/12/2004

ナベツネvsライブドア

「ライブドア」の近鉄買収 渡辺オーナーが拒否した「もう一つの理由」

情報元:面白ニュース【2004年7月9日(金)更新分】
ナベツネVSライブドアの対立は球団買収ではなくメディアの新旧攻防戦なのである。

私はまったくスポーツに興味ないので、プロ野球リーグがどうなろうが、正直どうでもいいと思っている人間である。
しかし新旧メディア攻防戦だと言われると俄然興味がわく。

なるほど、そういう風にこのニュースを見ればいいわけだな。面白いじゃないか。

| | Comments (0) | TrackBack (2)