01/04/2007

ミカン風呂

入浴剤の話。

ミカンの皮を干したものは「陳皮」といって、漢方薬に使われている。
そういえば、七味唐辛子にも入っているなぁ。
入浴剤として使えば、アロマテラピー効果があり、身体も温まる。

ミカンの皮を捨てずに干して、自家製陳皮をつくって、それを風呂に入れてしまおうというセコイ(「節約型」ともいう)ことを昨年からやっている。

じつは、嫁さんの実家がミカン農家なので、ミカンには困らないのである。
しょっちゅうミカンを食べるので、皮の量も多い。

このあいだ釣具店で魚の干物ネットを買ってきて、それでミカンの皮を干しているが、たいへん使い勝手がよいし、680円と安かった。これは良いものだ。

ミカン干すの図(青いカゴが干物ネット)
陳皮製造中

4~5日ほったらかしておくと、乾燥してカチカチになる。それを巾着袋に入れて湯に沈めておくと、ミカン風呂のできあがり。揉み出すとオレンジ色の汁が出ていい香りが広がる。

生のミカンの皮を使うよりも、干したものを使った方がエキスをたくさん抽出できるようだ。香りが全然違う。
乾燥状態で、50グラム~100グラムが適量のようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/16/2005

ボコボコのバラバラにされる整骨院

ボコボコのバラバラにされる駐車場

とある整骨療院の駐車場には

当院に関係なき車を無断で駐車された場合、車はボコボコに 運転者の骨はバラバラに致します

という注意書きがあるとのお話(画像あり)。なかなかの洒落っ気です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/09/2004

日本の野菜はミネラル不足らしい

献血の出来ない若者が急増……どうして輸入野菜を食わない?

日本に来る外国人が先輩の在日外国人から真っ先に忠告されるのが、日本ではミネラルサプリメントの摂取が「生きるか死ぬかの」問題であるということである。

日本産の野菜にはミネラルが少なく、保健上よろしくないので、在日外国人はサプリメントで不足分を補うのが常識となっているという話。
にわかには信じられないが、いかにもありそうな話で、面白い。

しかし、日本人はなんの疑問もなく日本産野菜を食べ続けているにも関わらず、普通に健康を保って生活している人がそこそこいるように思うが、外国人と何か体質的な違いがあるのだろうか。

日本でも、子供の頃食べた野菜は今よりもずっと香りも味も強かったなぁ。きっとミネラルをはじめ、栄養分も多かったんだろう。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

10/05/2004

カフェイン依存症

朝、コーヒーや紅茶が欲しくなるのは、カフェインの「禁断症状」!?

情報元:じっぷろぐ
一日の始まりにコーヒーや紅茶が欲しくなるのは、カフェイン依存の「禁断症状」であるという研究結果が報告された

私と家内は、毎朝濃いめのコーヒーを大きめのマグカップになみなみと飲まないと、ダメである。眠気が覚めず、身体が動かないし、便意も催さない。朝食は食べないことが多いが、朝のコーヒーは欠かせない。
カフェイン依存症といわれてもしかたないことは自覚していた。

しかし、「研究結果が報告された」って、そんな事実を突きつけられてもなぁ。そんなこと前からわかってたんだ。
誰しも依存症のひとつやふたつはあるだろう。
麻薬依存はいうまでもないが、アルコール依存やニコチン依存なんかより、カフェイン依存の方がよっぽどましだ。
・・・・と思ったけど、こんなことも書いてあった。

カフェインは価格も安く、入手しやすいことから、手軽な「刺激剤」として世界で最も広く用いられているが、いつも同じ量を摂取していないと、数時間で禁断症状が現れることがあるとし、このようなカフェイン依存は薬物の場合と同様に精神障害として認識されるべきとの見解が示されている。

カフェイン依存も薬物依存のひとつにすぎないのか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メール脳

痴呆のような『メール脳』
中高生の脳波調査 森・日大教授が指摘

情報元:じっぷろぐ
森昭雄日本大教授が著書「ゲーム脳の恐怖」で、テレビゲーム漬けとなった若者の脳波が、痴呆のお年寄りと似た状態になっていると訴えてから二年。今度は、携帯電話漬けの中高校生の脳波も同様の状況になっているとする調査結果をまとめた。

携帯でメールばかりしていると、β波が低下するとの研究結果がでたそうだ。β波というのは、大脳の活動性を表す脳波である。それが低下している状態というのは、痴呆によくみられるのだという。携帯でメールばかりしているとだんだんと痴呆に近づくということか。おそろしや。

人目もはばからずにメールしているとか、部屋にこもってテレビゲームばかりしているとか、そういう若者風俗を目の敵にする年配研究者のバイアスがかかった研究結果なのかもしれないとも思うが、携帯電話を目に近づけて親指で一心不乱に叩く様子を見ていると、たしかに、高尚な会話をしているとか、独創的な思索を紡ぎ出しているとはとうてい思えない。正直アホっぽく見える。

見た目だけでなく、頭の中身もアホになるのかなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/13/2004

チョコレート温泉

オーストリアにチョコレート温泉がお目見えしたというニュースを目にした。

甘党にはたまらない? 「チョコレート温泉」誕生

情報元:TBN 8/7

チョコレートが地下から湧いてくるとはスゲエな、源泉掛け流しだったらもっとスゲエな、と思ったらそうではなく、お湯のかわりに温めたチョコレートを湯船に入れるってだけの話だった。

それじゃおかしいだろ。源泉から引いたんじゃなかったら、「温泉」じゃなくて「風呂」だろ、チョコレート風呂だろ、と、近頃世間を騒がすニセ温泉斬り!してしまいました。

まぁ、そんなことは実はどっちでもいいんだが、このニュースを見て、そういえばアメリカのチョコレート工場で、製造途中のチョコレートのタンクに落ちて溺死した人がいたなぁ、などと思い出して、ややグロ怖い気持ちになりました。

その事故についてはこちらでも見てください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/08/2004

ペットボトル症候群

ペットボトルに入った「アミノ酸飲料」というのが流行りだが、あれは糖分が多いのでクワガタの餌にちょうどいいという話をテレビで見たことがある。
アミノ酸飲料はダイエットに効果があるかのような錯覚を起こしている人がいるらしいが、じっさいには高カロリー飲料なのである。まったくもってご愁傷様だ。

甘い飲料水「がぶ飲みダメ」 ペットボトル症候群に注意

情報元:じっぷろぐ 2004年08月02日

高カロリー飲料をがぶ飲みしてデブになるくらいならまだいいが、上記記事のようなこわい話もある。


今年の夏は、ハブ茶ばかり飲んでいる。ハブ茶は決明子(けつめいし)と言って、漢方の生薬でもあり、目によいとされている。便秘にも効くということだ。べつに目も悪くないし、通じも良すぎるくらいなのだが、喉の渇きがおさまりやすいのが好きで飲んでいる。

コーン茶やハトムギ茶も香ばしい香りがして、おいしく飲める夏場に最適な飲み物だ。

夏は喉が渇くのでたくさん水分を摂る。
他にいくらでもいいものがあるのに、なんで好きこのんで高カロリー飲料をがぶ飲みするのか、あまりよくわからない。そういう人はコマーシャルによる刷り込み作用に弱い人たちなのだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

08/02/2004

安眠牛乳

飲めば眠れる「ナイトミルク」 寝ている牛から搾乳

情報元:N@N
寝ている牛から早朝に搾られた牛乳で、眠りを誘う成分のメラトニンが通常の5倍含まれ、安眠に効果があるとされる。

飲むだけで安眠できるというなら画期的だと思う。さて、どこまで信じてよいのやら。

しかし、牛が寝ている間にこっそり搾乳するというのはなかなか難しそうに思えるのだが、どうなんだろう。
途中で牛が目覚めちゃった場合、まだ寝ていることにしてそのまま乳搾りを続けたとしても、ぜんぜんわからない。

普通の牛乳に、あとからメラトニンを混ぜてもわからない。

消費者はナイトミルクと普通の牛乳が見分けられないのだから、牛肉偽装の例をみるまでもなく、普通の牛乳がナイトミルクに偽装されて流通するかもしれない。

ここんとこ食肉・牛乳などの畜産業界では、わからなければそのまま出荷しちゃえばいいじゃない、ってことを何度となく行なってきたのがバレちゃって、世間から冷たい目で見られている。

N@Nさんによれば、日本でも一部ですでにナイトミルクが販売されているようだが、今後ブームが起きて高付加価値商品として急速にマーケットが拡大した場合には、新たな偽装出荷の可能性も考えられるのではないか。

日本でこのナイトミルクのマーケットを作ろうとしたら、ちゃんと偽装対策をして、かつて失った信用を取り戻す必要があるだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

07/25/2004

関節の痛みと天気

膝が痛むことで雨が降るのがわかるという患者さんが時々いる。関節の痛みにより天気予報ができるというのはよく聞く話で、一般的にはなかば常識になっている。

ところで、こういうニュースがあった。

天気と痛み、関係あり 名大助教授ら、ネズミ実験で実証

佐藤助教授は「天候の変動と慢性痛の悪化には因果関係があり、気のせいではないと分かった。天気の変動を見越した薬の予防投与が可能になれば」と話している。

天気と痛みの関係について医学的に根拠があるという実験結果が出た、というニュースがわざわざ報じられているところを見ると、医者の世界ではこれまでそんな根拠のないことは認められないという否定的な見解が支配的だったのだろうか。

環境と人体が呼応するというのは、あたりまえのことだと思うんだがなぁ。

まぁ、しかし、全体が動くためには説得力のある「根拠」が必要なので、こういった基礎研究というのはとても大事な仕事だと思う。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

06/09/2004

健康度チェック

健康度チェック

情報元:everything is gone 5月26日

THI調査(東大式自記健康調査)というのがあるそうだ。項目が多いんだけど、上記ページで回答すると、プロフィールを表示してくれる。ただし、それをどう判断するのか書いてないので、けっきょく専門家に分析してもらわないと詳しいことはわからない。

6/3のエントリー、「週アス別冊で紹介されました」にコメントをいただいたAYAさんのところにはアーユルヴェーダによる自己体質チェックがあるので、興味のある方はそちらもどうぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)