06/20/2005

雨乞いの儀式

「雨降れ」と企業幹部らが祈雨祭 徳島・長安口ダム(画像あり)

ダム堰堤(えんてい)には、祭壇のほか、杉の丸太とヒノキの葉を積み重ねた高さ約2メートルの護摩壇が組まれた。神職と降雨を祈願して点火。炎と煙が激しく燃えさかる中、すげ笠にみの、赤ふんどし姿の地元町議3人が昔ながらの雨ごい踊りを奉納した。

雨乞いというのはもともと時の権力者の依頼によって、密教僧・陰陽師・呪禁師・巫女・神官などが行なっていたものである。
さいきん読んだ、小松和彦氏の「日本の呪い」という本によると、古来より日本では目に見えない「ケガレ」が天変地異・疫病・戦乱などの原因と考えられ、何か悪いことが起こった時はケガレを祓うことによって、害悪を取り除くことが権力者に期待されていたそうである。
今回の徳島の渇水を起こしたのも「ケガレ」が原因で、それを祓うために儀式を行なった、ということになろうか。

その本にはさらに、

朝廷がこうしたさまざまな「祓い」儀式を執り行なった背景には、自分たちこそが天下の支配者であり、天下に生じた国家を脅かす「ケガレ」を、自分たちが主催する儀礼によって見事に「祓う」事実を広く知らしめる目的もあった。
(小松和彦 「日本の呪い」 光文社・知恵の森文庫 p.214)

と述べられている。上記ニュースの雨乞いは、朝廷ではなくて地方企業と町議会議員という、比較的小規模な権力者が主催しているわけだが、雨乞いという昔ながらの民衆支配の舞台装置がいまだに生きて機能している事実が興味を引いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/05/2004

本当に地震が来た

前回のエントリー暑い年は・・・で、暑い年には地震が起きるという都市伝説について書いたけど、今日本当に地震があった。気象庁によると、

2004年9月5日19時7分頃、紀伊半島沖の深さ約10kmでM6.8(速報値)の地震がありました。

とのことである。

その時間は阪急京都線の特急に乗っていて地震の揺れはまったくわからなかった。急に電車が減速して、地震発生のため徐行するというアナウンスがあってはじめて地震のことを知った。結局15分遅れただけで済んだ。

<後日記>
上記記事を書いたその日の夜12時ころ、強い地震があった。家で寝ていたがさすがに飛び起きた。
1分くらい揺れが続いて、阪神大震災をまともに体験した者としては、当時の恐怖がフラッシュバックしてきて、本当に気が気ではなかった。

さらに翌日も朝8時すぎに地震があった。地下鉄に乗っていたのでこれは気づかなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/02/2004

暑い年は・・・

関西の年寄りは、夏があまりに暑いと「地震が来る」と言って恐れる。

今年の夏は特別暑かったので、まさに地震が来そうな年なんだろう・・・
なんて思っていたら、昨日浅間山が噴火した。

そういえば今年は台風がやたらに上陸するし。オリンピックではやたらにメダルが取れるし。なんかおかしい。

ほんとうに地震が来たらいやだなぁ。

南米では、暑い夏の年には怪物が現れて、ヒトの剥製を作るために人間狩りをするという言い伝えがある。・・・って「プレデター」の話だけど(^^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/13/2004

こんなところに六芒星

ひょんなところに六芒星を発見。

場所は神戸・北野町の異人館のひとつ、旧中国領事館。
中国と関係があるのだろうか・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/11/2004

妖怪ぬっぺっぽう

鳥取県境港市の水木しげるロードへ行った。
妖怪のブロンズ像がいっぱい並んでいる。その中で特に楽しみにしていたのが、この「ぬっぺっぽう」。

寄って撮っているので大きく見えるが、せいぜい30センチくらいしかない。

水木しげるロードを見たあと、境港水産物直売センターで魚の一夜干しを買った。アジ、ハタハタ、沖ギス、ノドグロ、それぞれ10尾くらいづつで500円。全部まとめても2000円だった。安い!
焼いて食べたら、どれもうまかった。境港の魚、おそるべし。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05/06/2004

京都 鵺大明神

ぬえ紀行第3弾。
夜ごと帝を苦しめた、鵺なる妖怪を源頼政が射落とした場所というのは定かではないが、その時矢尻についた鵺の血を洗ったといわれる場所がある。

それは二条城の北、NHK京都放送局のすぐ裏手にあった鵺池。その池は以前はたしかにあったらしいのだが、現在は工事のためつぶされてしまい見ることができない。

その場所に小さな社がある。それが鵺大明神。

池の由来を書いた石碑もある。

鵺池・鵺大明神以外にも京都には鵺塚、鵺石、鵺の森などがある。さらに、鵺を射落としたという矢尻がある神明神社、宇治の平等院には源頼政の墓がある。

鵺大明神に参ったとき、祠の脇に傷ついて動けない猫がいた。段ボールに布が敷かれ、使い捨てカイロで温められ、餌も与えられているところをみると誰かが世話をしているようだ。しかしかなり衰弱しており、長くは生きられそうにない感じだった。
こちらを警戒していたので、私にしてやれることはそっとしておいてやることくらいだった。

自らも矢に倒れた鵺大明神が、傷ついたこの猫に慈悲を施してくれることを祈ってその場を後にした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/05/2004

大阪ぬえ塚

鵺塚(大阪)

京都から丸木船に乗せられた鵺(ぬえ)の亡骸が最初に流れ着いたとされる地にある鵺塚。
説明は昨日のエントリー芦屋ぬえ塚をご参照。

この鵺塚は大阪市営地下鉄・都島駅から南東へしばらく歩いた商店街の中にひっそりと立っている。スーパーの建物のすぐ裏手の雑然とした中にポツンと置かれている。

商店街の喧噪の中で、すっかり日常的な景色に溶け込んでいる。芦屋の鵺塚と違って、こちらはにぎやかな所の好きな、寂しがり屋の鵺塚かも知れない。

そばの看板の説明。

 近衛天皇の仁平3年(1153)京の御所・紫宸殿に夜ごと「鵺(ぬえ)」という怪獣が現われ、帝を悩ませていました。侍臣の源三位頼政が矢で射落したところ、この「鵺」は頭がサル、体がタヌキ、四肢がトラ、尾がヘビの姿をしていました。
 これを丸木船にのせて淀川に流したところ、当時湿地帯であったこの地に漂着しました。
 祟りを恐れた村人たちは、土に埋めほこらを建てて「鵺塚」と呼び、ねんごろに祀ったと伝えられています。
 現在の塚は、明治の初め大阪府が改修したもので、ほこらも昭和32年(1957)に地元の人々によって改修されました。
 この「鵺」のデザインは大阪港の紋章として使用されています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/04/2004

芦屋ぬえ塚

20年くらい前の角川映画、「悪霊島」の宣伝コピーで「鵺の鳴く夜は恐ろしい……」というのがあった。

日本には鵺(ぬえ)という想像上の妖獣がいる。
頭がサル、胴体がタヌキ、手足がトラ、尻尾がヘビ、というキメラのような存在である。
その鵺が葬られているという「鵺塚」が全国各地にある。

これは、兵庫県芦屋市のもの。

場所は芦屋川沿いを海の方に下がって行ったところ。鵺塚橋のたもとの交番のすぐ裏にある。まわりは公園になっている。車が多く行き交うが、人通りはあまり多くない。
木陰にひっそりとたたずむ石碑は少し見つけにくく、鵺が人目にさらされるのを嫌っているように思えた。

夜な夜な京の都を騒がした鵺が射殺され、丸木船に乗せられて川に流され、大阪に流れ着き、さらに流され最終的に芦屋の浜に打ち上げられたとの伝説が残っている。その異形の亡骸を畏れた村民達によって懇ろに葬られたのが芦屋の鵺塚ということになっている。
以下、鵺塚のそばに立っている看板の解説。

ぬえ塚の伝説
およそ800年ものむかし源頼政が二条院にまねかれ深夜に宮殿をさわがしていた怪鳥をみごとに射落とした。それはぬえ(鵺)といって頭はサル体はタヌキ手足はトラ尾はヘビという奇妙な化鳥であった。その死がいをウツボ舟(丸木舟)にのせて桂川に流したところ遠く大阪湾へ流され芦屋の浜辺に漂着いた。浦人たちは恐れおどろき芦屋川のほとりに葬りりっぱな墓をつくったという。ぬえ塚伝説は摂陽群談・摂津名所図絵などに記されているが古墳にまつわる伝説の一つと思われる。現在の碑は後世につくったものである。
昭和48年2月  芦屋市教育委員会

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/23/2004

傷の手当・新理論

キズパワーパッド


傷はやたら洗わず、浸出液を密封した方が治りが早い。消毒とガーゼはかえって傷の治りを遅くする。
という、従来信じられてきた医療常識を覆す新しい創傷治療というホームページの存在は知っていたが、その考え方に基づいた製品がバンドエイドから発売されていたのは知らなかった。

上記サイトの新理論はだんだん医療界に浸透してきたのだろうか。「傷には消毒、ガーゼで手当」というのは大きな間違い、真っ赤な嘘、誤った信念だった、と広く認められる時代が来るのかも知れない。
でもそれが最良の方法だと頭から信じられてきたのだから、医療側の罪は問えないように思う。

ひょっとするとこれは大規模な都市伝説だったと言えるのではないか。あまりに多くの人が信じていたので都市伝説の域を超えてしまっただけで、質としては伝説と同じものだったんじゃないか。

そういえば、虫垂炎などの手術前の剃毛が衛生上必要だと思われているが、実際には意味がないという話も聞いたことがある。これも将来、医療都市伝説の仲間入りをするのか。

まぁ、それまでの常識が実は大間違いだった、とわかった時点で素早く改めていただければ十分かと思う。人間のすることに間違いはつきものだから、しょうがない。
大間違いだったことを認めないとか、なかなか改めないとかいうのは困るけど。

どんなことでもそれまでの常識が覆されるというのは、目から鱗が落ちるので、個人的にはひじょうに快感である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/22/2004

マリモに手が生えた

苦節10年、やっと足生えました。 (2ちゃんねるのこわい話 画像掲示板X


なんか可愛い。足というより、手に見える。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧