03/03/2005

300万ドルの寄付

Enterprise前途多難でお伝えしたように、トレッキー達がスタートレックの火を絶やすまじと、エンタープライズ第5シーズンの制作費をまかなうために寄付をつのっている。

今日のSci Fi Wireの記事によると、噂されていた300万ドルの寄付が実現したとのこと。

じっさい、トレック・ユナイテッドのサイトを見ると寄付総額が3,081,690ドルに増えている。

寄付したのは、商用宇宙飛行ビジネスに投資している事業家のグループ。
寄付を受けたファングループである、トレック・ユナイテッドが明らかにした、その事業家グループの声名によると、

「宇宙飛行ビジネス事業家のうち、少なくとも半分はスタートレックから着想を得て参入してきたのだと証言できるよ。我々はただSF番組を見るのに長けているだけではない。小切手を切ることにも長けているのさ。それもでっかい金額のね。」
(Sci Fi Wire 2005年3月3日付記事より)
なんだかイヤミな奴らだが、この際、スタートレックが助かるなら、そんなこと気にしない。頼むぞ!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

03/01/2005

Enterprise前途多難

第4シーズンで打ち切りが決定された、スタートレックの最新シリーズ、「エンタープライズ」を何とか延命させようとファン達が苦心しているが、あまりはかばかしくないようだ。
「エンタープライズ」打ち切りのあと、スタートレックの新しいシリーズの予定はなく、事実上、スタートレック全体の休止、もしくは最悪の場合、打ち切りを意味している。

スタートレックの世界が、とうとう終わってしまうかもしれないんですぞ!

日本語ページとしては、日本のスタートレックファンページの大御所、Star Trek: U.S.S. Kyushuを見ていただくとして、打ち切り問題の最近の動向がSci Fi Wireにあったので、拙訳を。



2005/02/25 12:00AM
スタートレックファンのデモ

UPNが放送打ち切りを表明している「スタートレック:エンタープライズ」のファン達が、2月25日、ロサンゼルス、ニューヨーク、およびその他の都市で抗議デモを行ない、制作会社のパラマウントに第5シーズンを継続するように迫った。約300人がハリウッドのパラマウントスタジオの入り口で行進し、低視聴率のため第4シーズンで制作を打ち切りにするというUPNの決定に抗議した。

ファングループ、トレック・ユナイテッドの広報担当、キャンディス・マッカリーが語ったところによると、同様の抗議行動がニューヨーク、テルアビブ、およびロンドンで計画されているとのことである。「スタートレック:エンタープライズのエグゼクティブプロデューサー、マニー・コトーや一部の脚本家・制作スタッフもデモに賛同し、支持を表明しています。」と彼女は語った。「スタジオ側はいまのところ私たちに何も答えていません。それは彼らが番組を本当に打ち切りにするかどうか考えている最中だからだと思いたい。この抗議行動が無視されないことを祈っています。」

ファングループのトレック・ユナイテッドは、最近、匿名の3人から300万ドルの寄付の申し出を受けており、それを元にさらに寄付を募り、番組の第5シーズンの制作費用の3千600万ドルを集めようとしている、と報道されて世間の注目を集めた。「その寄付については現在交渉中で、まだ確定したわけではありません。」マッカリーは言った。「ある数人のグループから、私たちの運動への300万ドルの寄付についてコンタクトがありましたが、彼らは名前を出されたくないのでそれについては答えられません。私がお答えできるのは、彼らが航空宇宙業界に投資しているグループだということです。」トレック・ユナイテッドのオフィシャルホームページによると、目標額に向けてこれまでファンが集めた募金はまだ49,720ドルだけである。また、ファン達はロサンゼルスタイムスの2月15日の全面広告にも資金を出している。

マッカリーによると、この抗議行動と募金活動は、「パラマウントを目覚めさせ、番組の第5シーズン制作費用を自分たちでまかなおうとする、実現可能な試みです。なぜならパラマウントは番組の版権が大金になることを知っているからです。私たちは、私たちがすべての費用を払い、なおかつ、彼らがすべての権利を保有できるようなオファーをしているのです。私たちが彼らに資金を提供した後でも彼らはノーと言えるのです。しかし、もしそうしたとしたら、彼らは大バカ者です。」「スタートレック:エンタープライズ」は毎週金曜日午後8時(アメリカ時間)に放送されている。最終話は5月に放送される。

(Sci Fi Wire 2005年2月25日付 記事より)


上の文中にある寄付額49,720ドルは、これを書いている現在65,885ドルに増えているが、依然として目標額の36,000,000ドルには遠く及ばない。

スタートレックシリーズは終焉を迎えてしまうのだろうか・・・・。
そんなのイヤだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/13/2004

スタートレック、ウルトラマン、価値の多様化

スタートレックとウルトラマンを例にとって、価値観の多様化について述べているコラム。

スタートレックとウルトラマン (岩手大学保健管理センター

両方とも、シリーズが進むにつれ、ヒーローが悪玉を懲らしめる単純なストーリーから、多様化する正義&苦悩する主人公の物語へと変容している。それは、その何年かの間に実社会にもたらされた、善悪などの価値の多様化がドラマにも影響を与えているからだ、との由。スタートレックはアメリカの、ウルトラマンは日本の世相を映している、とのこと。

放映時「宇宙大作戦」と名付けられたスタートレックの第一シリーズを「TOS」(The Orignal Series)、ピカード艦長率いる第二シリーズを「TNG」(The Next Generation)と呼称するのはファンの間では常識だが、それを大学の公的なページで当たり前のように書いてしまうところはややオタク臭がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/21/2004

SF博物館

シアトルのSF博物館
上記スラドの記事によると、以前のエントリー「SF殿堂博物館」にも書いた、SF博物館(Science Fiction Museum and Hall of Fame)がいよいよオープンしたそうだ。

SF博物館のホームページ(上記ページからリンクあり)をみると、展示品の目玉のひとつ、 エンタープライズ号のブリッジにあったカーク船長の椅子などの写真がある。

他のいくつかの展示品の写真もみられる。自分としては、テレビシリーズ「宇宙家族ロビンソン」のロボット、フライデーがツボだ。なつかしいなぁ。昔はしょっちゅうテレビで再放送していたものだが。

これくらいSFに専門化した常設博物館が日本にもあったらいいのに・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

05/22/2004

USSエンタープライズのラジコン

エンタープライズ,九州の空を飛ぶ (スラッシュドット ジャパン
ラジコン好きの人がNCC-1701 U.S.S.エンタープライズの模型を作って飛ばしたそうな。動画を見たけど、本当に飛んでいる。「ぶーん」って。

機体先端のプロペラを回して円盤部で揚力を得ているらしい。プロペラのついたエンタープライズかぁ・・・。飛ばすだけすごいんだけど、なんだか情けない姿・・・。_| ̄|○

ナセルからの噴射で飛んだらかっこいいだろうなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/02/2004

スタートレック エンタープライズ OP

まず、昨日の補足。
KBS京都では引き続きヴォイジャーの放送を続けているので、昨日の「スタートレック関西地上波壊滅」はちょっと大げさでした。正確には「大阪・神戸スタートレック地上波壊滅」ってところです。
深夜枠を中心とした、関西スタートレック地上波放送の伝統はいちおうその命脈を保っている。
京都のUHF波は神戸まで届かないので、私にとっての壊滅状態は変わりなし。

スタートレック掲示板Nine Forwardによると、関西テレビのエンタープライズは終了ではなくて、一時休止ということらしい。それは配給元の会社のトラブルのせいだとか、半年後に第2シーズンが再開するのではという希望的観測などが書いてあった。

そんなエンタープライズ放送休止の悲しみの中、こんな記事をみつけた。
Startrek:Enterprise Opening (ひげいとうblog

エンタープライズのオープニングはそれ以前のシリーズの勇ましさと一線を画す叙情的な感じなんだが、その裏話について書いてある。あの映像にはそんな意味があったんか~。幸いまだ録画したのが残っているのでもう一度よく見てみよう。
あの主題歌"Where My Heart Will Take Me"ってのはいいなぁといつも思ってました。聴くたびにぐっと胸が熱くなる。
ひげいとうさんが上記記事で書いているように、オープニングの映像はアメリカ万歳の内容なんだけど、主題歌の歌詞も、俺たちにできないことはない、誰にも俺たちの邪魔はできない、ってかんじなので、同じくアメリカ万歳という風にも読める。きっとアメリカ人があのオープニングを見ると、もっともっと高揚して胸が熱くなるんだろうと思う。

対イラク政策、対アルカイダ政策と関係あるのか?それは少しコワイ気もする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/01/2004

スタートレック関西地上波壊滅

私の住む神戸では、火曜の夜、サンテレビの「ヴォイジャー」、関西テレビの「エンタープライズ」とスタートレック2本立てを楽しめたのだが、3月いっぱいで2つとも終わってしまった。_| ̄|○

ヴォイジャーは第2シーズン終了直前で尻切れ。
エンタープライズは第1シーズンをコンプリートしたところで終了だが、最終話は前・後編の前編なので結末を見られず、やっぱり尻切れ。

スタートレックはどれもドラマとしては長いシリーズなので全部を放送するのは難しいのかも知れない。
うちは地上波しか見られないので、打ち切りは痛い。壊滅状態。

U.S.S. Kyushuによると、CSのスーパーチャンネルでは4月30日からまるごと70時間エンタープライズ第1~第2シーズン&劇場版を一挙放送するそうな。見られる人がうらやましい。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

03/25/2004

スタートレックのコミュニケーターが現実に

実はさっき初めて気づいたが、スラドにはスタートレックというカテゴリーがあったのだ。だから、こないだボーグキューブ型PCの記事があったのか。(ボーグキューブ型PC参照)

ついでに言うと、スターウォーズガンダムのカテゴリーもある。

そのスラドにまたスタトレ関連記事があった。(情報元:芋具

スタートレックのコミュニケーターが現実に

実際に使用するには、本体のボタンを押して相手の名前を呼ぶだけで良い。それによりデータベースサーバが呼び出され、相手との会話を Wi-Fi (Vocera のページでは 802.11b と明記されている) と VoIP によって繋ぐという。
すごい。スタートレックそのままだ。

コミュニケーターというと、どうしてもボイジャーのジェーンウェイ艦長が浮かぶ。「ジェーンウェイよりトレスへ」とか言いながらタカビーな態度で部下に無理難題をふっかける。
でもボイジャーに関しては、たとえどんな難問であっても、なぜかわけわからない新理論が都合良く考え出されて解決されてしまうので安心だ。そこがボイジャーの最大の魅力だ。

私もそのコミュニケーターで誰かに無理難題をふっかけてみたい。・・・いや、そういう使い方をする道具ではないんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

03/05/2004

ボーグキューブ型PC

スラドの記事によるとスタートレックのボーグキューブ型のPCケースを作った人がいるそうだ。

ボーグは「新スタートレック」などに出てくる最強の敵役で、ボーグキューブという宇宙船に乗っているちょっと怖い連中である。

写真を見ると、かなりそっくりに精巧に作っていて、雰囲気が出ている。

ちょっと前にキューブ型PCケースが流行ったけど、これは別格だな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

01/12/2004

サンテレビ1/17(土)スター・トレック6

年末年始、サンテレビでスタートレック劇場版一挙放送ってのを2003年12月27日に書いて大喜びしてたわけだが、なんと、まだ終わっていなかった。

2004年1月17日(土) 25:00~27:15 スター・トレック6/未知の世界

サンテレビの深夜番組って、ホームページ見ても先々の予定がよくわからないので、こういううれしい驚きが時々あります。これでスタトレ劇場版を2~6までやってくれることになるわけで、ますますサンテレビが好きになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧